Blog&column
ブログ・コラム

コンパウンドとスポンジで車の傷を消す方法

query_builder 2021/09/25
コラム
15
車に乗っていると、気づかないうちに小さな傷がついてしまうことがありますよね。
傷をそのままにしておくと見た目が悪いだけでなく、サビの原因にもなってしまいます。
そんなときに便利なのがコンパウンドです。
コンパウンドを使うことで、小さな傷を目立たなくすることができます。
そこで今回は、コンパウンドとスポンジで車の傷を消す方法について解説していきます。

▼車体を養生する
コンパウンドがタイヤや車内に付着しないように、作業前にマスキングテープなどを使って作業範囲の周辺を養生しましょう。
タイヤはビニールを使うことで上手く保護することができます。

▼スポンジを濡らしてコンパウンドをつける
スポンジに水を含ませてある程度絞ったら、コンパウンドをスポンジにつけます。
最初は粒子が細かいコンパウンドを使用して、傷が消えないようであれば徐々に粒子のサイズを上げていきましょう。

▼コンパウンドをならして傷を磨く
傷の周りに均等にコンパウンドをつけて、スポンジの研磨面を使ってキズを磨いていきます。
このとき円を描くように磨くとムラができやすくなるので、直線にスポンジを動かすようにしましょう。

▼コンパウンドを拭き取る
傷が目立たなくなったら、クロスでコンパウンドをきれいに拭き取ります。
最後に粒子が細かいコンパウンドで仕上げ磨きをすると、よりツヤを出すことができます。

▼まとめ
コンパウンドとスポンジがあれば、車に付いた小さな傷を消すことができます。
大きく深い傷は自分で消すのは難しいので、ぜひ弊社にご相談ください。

NEW

  • TOYOTA ヤリス

    query_builder 2021/12/04
  • Air Pay導入しました。

    query_builder 2021/11/17
  • MAZDA FD 訪問洗車

    query_builder 2021/11/08

CATEGORY

ARCHIVE