Blog&column
ブログ・コラム

ワックスがけで付いた白い跡の対処法

query_builder 2021/12/08
コラム
26
車のワックスがけで失敗する例として、白い跡が残ってしまう事があります。
この白い跡はなかなか取るのが難しいものです。
今回はそんなワックスがけで白い跡が残った時の対処法や、白い跡をつけない方法を解説致します。

▼白い跡の正体
車のワックスがけで白い跡が残るのは、固形ワックスを使った際に樹脂部分にワックスが付いてしまったことが原因です。
この樹脂部分についたワックスの白い跡は、タオルで拭いたりブラシで擦ったりしても、時間が経ったとしても簡単に落ちるものではありません。

▼除去する方法
最も簡単に除去できる方法として、メラニンスポンジを使って落とす方法があります。
専用の洗剤を購入するよりも大変安価で、家庭にあるようなメラニンスポンジで問題ありません。
メラミンスポンジに少量の水を含ませて、軽くこすっていきます。
これで簡単に白い跡は取る事が出来ます。

▼白い跡を付けない
樹脂部分に白い跡が残るのは、ワックスを掛ける際に塗りすぎてしまったりする事が原因のことが多いでしょう。
適量を塗って、樹脂部分には触れないように塗っていきましょう。
どうしても塗るのが難しい部分にはマスキングテープを使用したり、新聞紙でワックスを付けたくない場所を覆っておく事で防げます。

▼まとめ
せっかくワックスがけして車を綺麗にしたのに、白い跡が残ってしまっては台無しです。
丁寧なワックスがけを行い、樹脂部分に付けないように気をつけましょう。
付いてしまった場合は、時間が経っても取れるものではないので早めに対処すると良いでしょう。

NEW

  • 三菱 デリカ ダイヤモンドメイク・ワンダーEX施工

    query_builder 2022/03/05
  • LINE公式アカウント開設 友達登録お願いします。

    query_builder 2022/02/22
  • ガレージ建設中

    query_builder 2022/02/22
  • TOYOTA ヤリス

    query_builder 2021/12/04

CATEGORY

ARCHIVE